サガン鳥栖

鹿児島キャンプレポート

Pocket

朝から体がきついです…。

やっぱ鹿児島まで行くと疲れが取れませんね(笑)

昨日でサガンの鹿児島キャンプ終了。

キャンプ最終日は午前・午後と練習試合で締めくくりました。

午後の富山戦を見た感想としては、負けたけど悪くなかった。

同じカテゴリーで戦う富山にあまり全てを出さなかったって感じです。

ただ、守備はかなり修正していかないとヤバイかも…。

特にカウンター狙いのチームだと複数失点は覚悟しないといけないかもしれません。

良かったのはボランチの二人で衛藤と文。

特に文は球際に強くボールを奪う能力は長けてた。精度の高いミドルも持ってるし、期待できる選手です。

ただ、全体的にリフレッシュが必要な感じがしましたね。

攻めが単調になってたんで肉体的にも精神的にも疲れがあるんじゃないかな。

富山は去年同様に組織的な守備が健在。

攻撃はそんなに怖くないけど、あの守備を崩すのは今年も各チーム苦労しそうです…。

あんまり詳しいことまで書かない方がいいので、これでおしまい(^-^)

仙台戦が開幕布陣になるのはほぼ間違いないないでしょうねヾ(=^▽^=)ノ

こちらの記事もおすすめ!