サガン鳥栖

甲府戦レポート

Pocket

ようやく甲府戦の試合を見ることができました。

立ち上がりからボールが落ち着かない展開。流れを掴んだのは甲府。

鳥栖は受ける形になってましたが危ない場面は少なかったですね。

前半はHOMEの甲府が攻めまくる展開。逆に鳥栖はカウンター狙い。

後半も立ち上がりから甲府が怒涛の攻撃。

養父を中心に危ない場面が何度かありましたがレッドスター・赤星が頑張ってましたね。

いつ甲府が点を取ってもおかしくない状況の中65分に甲府のパスを衛藤がインターセプト。

そのままドリブルで持ち込み左足で豪快なミドルシュートが決まりまさかの鳥栖先制(^^)v

この1点で完全に流れは鳥栖へ。

73分には藤田→池田が粘り最後は豊田の移籍後初GOALヾ(=^▽^=)ノ

これで甲府は完全に崩壊…。

去年昇格争いの中心だった甲府。去年の様な粘り強さが感じられなかったなぁ。

鳥栖はプラン通りだったのではないでしょうか。

攻め込んでくる相手にカウンターやショートカウンターを上手く使ってました。

AWAYの戦い方だったと思います。さすが松本監督!

これで2勝1分1敗の勝ち点7で9位。

1試合少ないんで悪くないですね。

次はHOMEで水戸戦。この前の柏-水戸の試合見てるとミトナチオが復活してたけど水戸戦は苦労しそうですが、豊田のGOALに期待しますヽ(´▽`)/

こちらの記事もおすすめ!