サガン鳥栖

愛媛戦レポート

Pocket

勝ちはしたもののまだまだ内容はイマイチ。今節の鳥栖のテーマは『攻守の切り替え』。

千葉戦から2週間空いてのDIVISION2第4節の鳥栖の相手は愛媛。

千葉戦では相手の攻守の切り替えの早さに圧倒され敗戦…。

その反省から愛媛戦では攻守の切り替えを第一に中盤で主導権を握りサイド攻撃を展開。

特にボランチの守備意識が高くバイタルエリアでの危ない場面も少なかった。

前半からどちらに流れがいくかはっきりしない展開。

愛媛はDFアライールがかなり効果的な仕事をしてました。

前半ラッキーなファールでゴール前約30mの位置でFKを得るとルーキー藤田のGKの逆をつく技ありゴールで今シーズン初の先制点。

このゴールで流れが一気に鳥栖へ。細かく繋ぎながら波状攻撃。

防戦一方の愛媛に対し鳥栖は42分右サイド丹羽からマイナスのクロスを最後はルーキー早坂がGKの股を抜く技ありゴールで追加点。

良かったのはこの前半だけで後半はさっぱり…。

2-0の余裕が出てたように思います。サッカーで最も恐いのが2-0の状況ですからね。

もっと攻撃力があるチームとの対戦だったらこの試合はひっくり返されたかな。

後半みたいな試合運びをしてるようでは今年も中位ぐらいで終わるでしょう。

3点目、4点目と追加点を奪い完全勝利していかないとね。

ただ、豊田が本来の動きに戻ってきたりハセヒロの復帰は嬉しい限り。

ハセヒロのドリブルはJ2でもトップクラスでしょう!

今年はドリブラーが多く個人で打開する選手がいて楽しみが増えました。

サッカーの醍醐味はゴールだけど俺はドリブルで二人三人とかわしていくのが好きだなぁ(^^)v

とりあえず1勝したけど全然ダメ!まだまだ満足はできないし次の甲府に勝たないと意味がないからね。

一つ一つ勝っていくしかない!!!