サガン鳥栖

千葉戦レポート

Pocket

朝から今日の天気みたいにすっきりしませんが千葉戦のレポートです。

立ち上がりから両チームふわふわした状態で中々ボールが落ち着きませんでした。

鳥栖に限っては入り方が札幌戦とあまり変わらない感じ。

ボールを落ち着かせてきたのは千葉で徐々にパスが繋がりはじめ、千葉ペースで試合が進んでいく前半。

鳥栖は前半からパスミスが目立ち何度も千葉のカウンターで危ない場面が多かった。

特にボランチの二人が攻撃の意識が高くカウンター受けてる時は真ん中ガラ空き状態。

去年は確実にホベルトが潰してくれてたんだけどなぁ(笑)

守備が悪いというよりボランチをどうにかしないと…。

逆に千葉は鳥栖がやりたいサッカーをやってました。

素早いプレスから繋いで崩す。ポゼッションサッカーを見せつけられましたね。

でそのカウンターから2失点…。

1点目はパスミスからのカウンターで失点。もったいない。

点を取りにいこうと前掛かりになったところを再びカウンターから立て続けに失点。

きついなぁ(笑)

まぁ千葉のメンバー見てもガチでJ1仕様やし(笑)

鳥栖の攻撃の時でもまったくスペースがないんですよね。

特に鳥栖がボール持った時は前を向かせてくれないし、前を向こうとしても囲まれてるから何もさせてもらえない…。

ミヌも抑えられてて本来のプレーが出来なかったですね。

千葉は一つ一つのプレーが丁寧でシュートもきっちり枠に飛ばし確実に決める。

スタジアムの雰囲気も含めあれはJ1ですね(´∀`)

鳥栖は萬代と豊田というJ2でも実力はトップのFWがいるわけでその二人を上手く機能させないと点は獲れないなぁ。

やっぱ中盤の構成がかなり重要になってくるでしょうね。

とりあえず千葉には全てにおいて『完敗』でした。

次対戦する時は勝たないとね(^^)v